鉄鋼産業

210_r2_c3.jpg

industries_steel_03.png

熱間圧延ロール

熱間圧延ロールは、鉄鋼産業には欠かせない工具です。
耐熱・耐摩耗性に優れた超硬合金は、約1000℃に熱せられた鋼材の圧延工程において、高能率・高品質生産に寄与しています。
コンポジットロールは、丸棒、異形棒鋼、型鋼生産ラインで数多く採用されております。
リングロールは、線材、異形棒鋼生産ラインで数多く採用されております。
スリーロールは、圧延効率、設備の稼働率が高く、製品サイズの変更を短時間で行えるので、多品種・少量生産を実行する特殊鋼生産に適したロールです。

コンポジットロール
情報を見る
リングロール
製品の特徴を見る
スリーロール
製品の特徴を見る
SNSで送る
トップページへ